趣味

2007年9月 7日 (金)

撮影用照明自作

商品撮影用のライトを自作してしまいました。
仕事でホームページ作成などをやっているんですが、商品などの写真を用意するのが実は一番大変なのです。
そこで自分で出かけていって撮影したり、小物であればお借りして帰って自宅の撮影用ステージ(実は普通の机)に並べて、撮影しているわけです。

それまでも蛍光灯スタンドを改造したものを使って撮影用照明にしていたのですが、どうしても範囲が限られ、せいぜい30センチほどのものしか撮影できない。2基使って見たりしたけどうまくいかない。そこでもっと大きい照明器具が欲しいと言うことになり、見よう見まねで自作することにしました。

光源は電球タイプの蛍光灯で100Wを4個使います。大きさは80センチ角程度を考え、いろいろとスケッチしながら使う材料を考えます。
一番悩んだのが電球ソケットをどうやって取り付けるか・・・最終的に3mm厚のアルミを加工して作りました。傘はベニア板で、内側にはアルミホイルを貼り付けています。ディフューザーはこれも仕事でよく使うトレーシングペーパー。スタンドはなんとマイクスタンドをそのまま利用しました。

さっそく自宅のスタジオ(部屋のコーナー)にて使用してみますと、照明器具が大きすぎてマイクスタンドの足幅ではバランスがとても悪く、アームを延ばすことが出来ません。
トップライトは、天井から吊り下げる装置を作ることにし、スタンドは斜めや横からのサイドライトとして使うことにしました。

照明効果としては80点の出来映え。しかし狭い部屋で80センチの照明器具は大きすぎて、カメラアングルを変えようとすると一苦労する。
見栄えはあまり良いものではありませんが、写真には今後映る予定はありませんので、しばらくはこれで頑張ってみましょう。

Light

| | コメント (0) | トラックバック (0)