« 2010年2月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年3月

2010年3月23日 (火)

慰問ライブでした

昨日は別府市内にある老人介護施設の慰問ライブでした。昨年の9月に初めて訪問した時、聞いていたいおばあさんが感激して泣き出したり、昔キャバレーでバンドボーイやっていたおじいさんがいたりと、演奏する我々としても嬉しいやら、気を抜けないやらと大変なライブでした。そして今回も施設のほうからオファを頂き出かけてきました。

演奏曲は当然演歌歌謡曲特集となります。千昌夫の「北国の春」からスタートして、最近ラストの定番曲となった「大阪ラプソディー」まで20曲を演奏。途中イントロ当てクイズなど織り交ぜたもので、1時間半以上かかってしまい、へとへと。

この時期仕事等の関係でメンバー全員での集合練習がなかなかできない。リーダーさんが曲きめをして、各自でパート練習し、本番2日前にあわせただけ。それでも本番となると経験豊富な皆さんはきっちり演奏してしまう。

私も自宅でのパート練習は人一倍おこなうわけで、これを怠るとバンドの要であるリズム隊として失格演奏となる。練習相手はリズムマシーンとYouTubeで落とした原曲をCDに焼いて、それにあわせて実戦練習がおも。しかし原曲のキーの高さが、楽譜と同じとは限らないので、あくまでも曲調と雰囲気を聞き込むことが中心。

最近はじめたのは安物のキーボードに仕込んであるいろんなリズムから、曲にあったものを流しながらパート練習する。リズムマシーンに打ち込みするよりよっぽど楽にできる。

上手い人ほどこういう。いいライブをするためには、個人々々のパート練習は欠かせない。その通りだぁ・・・・

Keybord

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

大阪ラプソディーのベースパートを弾いてみた。

昔テレビをつけるとどの放送局でも歌謡番組を放映していた。当時歌い手さんのバックにはバンドがいて、生で演奏している光景を目にすることが多かった。その後歌謡番組は衰退。カラオケの時代となり、生バンドを見る機会は少なくなった。

私の所属するコンボバンドはジャズ系だけでなく、慰問先に応じて演歌歌謡曲も盛んにえんそうする。こういう歌謡曲のベース演奏は嫌いじゃない

YouTubeに動画をアップしております。

http://www.youtube.com/watch?v=RmQp0voxnxw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年6月 »