« 新大分名物 | トップページ | 炎天下のオープンライブ »

2008年6月21日 (土)

一拍子のリズム

深夜の時計の刻む音がチッチッチッチッ・・・・
車のウィンカーがチッカッチッカッチッカッ・・・
踏切で警報機がカン・カン・カン・カン・・・・

こういう一定の拍子を聴くと、ついそれに合わせてみたりしたくなった経験をお持ちの方は多いと思います。

ところでそのような連続音を聞きながらご自身で拍子を取るとき、3拍子で拍子を取った経験のある方は少ないと思います。
えっ? と思われるかもしれませんが、やってみてください。できます。(実は何拍子でもできるのですが・・・)

一般的なやり方はその音を聞きながら<強><弱><弱>と強制的に拍子を付けてやる。すると以外と簡単にできる(感じる)と思います。

ところで皆さんの周りにも拍子と速度を混同していらっしゃる方がいませんか。
「みんなで拍子を合わせましょう。」というと、だいたいは演奏スピードを指すと思っていることが多いんですね。

歌や演奏でどうしてもみんなと一緒にスタートできない人がいます。演奏が始まると少し遅れて入り一緒に合わせられるんだけど、最初のスタートのタイミングが分からないという。
その方はテンポ(速度)は理解しても、リズム(拍子)を理解し感じることが出来ていない方が多いようです。

1.2.3.4.ハイ・・・で出てね。というと、「5」で出ればいいだと解釈する。

基本的にそういう人を「一拍子の人」と解釈しております。リズムに束縛されないある意味うらやましい人です。

Metro

|

« 新大分名物 | トップページ | 炎天下のオープンライブ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449283/21776648

この記事へのトラックバック一覧です: 一拍子のリズム:

« 新大分名物 | トップページ | 炎天下のオープンライブ »